Rubbing down

交通事故の後遺症して有名なむち打ち【後遺障害の段階を要確認】

誰でも巻き込まれる

後遺障害の段階を明確にする

模型

交通事故は、被害者にとっては不測の事態だと言えます。無防備なところに事故に遭ってしまうと身体に重大な疾患を残してしまうこともありえるのです。このような障害のことを、交通事故の場合には後遺障害と言います。後遺障害が残ってしまった場合には、まずその後遺障害の段階を決めてもらわなくてはいけません。身体に残っている後遺症の程度が著しく酷い場合には、一生を過ごせることができるくらいの保証がないといけません。こうした認定のことは等級認定と言い、等級の違いによって後遺障害の賠償の金額も大きく異なります。交通事故の場合には、特に後遺障害による話し合いが大切になるため忘れないように注意をしておかなくてはいけません。交通事故の後遺障害では、後遺障害の程度が大きければいくらでも大きな金額を相手に対して請求することが可能です。そもそも、後遺障害の際には慰謝料請求を加害者に対して請求することになります。慰謝料請求に関しては、被害者側からいくらでも金額を設定して請求することが可能であるため本人が望む金額で話し合いが出来るのです。もちろん、過去の案件から相場を計算することは可能ですがそれはあくまでも基準であって絶対的なものではありません。本人が納得できないのならば重度な後遺障害を理由として非常に大きな金額を請求することが出来るのです。実際に、過去の事例を覆して大きな金額を手にした人もいるため後遺障害を背負うほどの大きなケガを背負ったときには遠慮してはいけません。

土地の賃貸権の相続

相談

借地権を持った被相続人が死亡し、残された相続人がその権利を引き継ぐ場合、どのようなことに気をつけなければならないでしょうか。まず借地とは、他人である地主から土地を借りて、その土地に自己所有の建物を立てることです。被相続人が死亡した場合には、他の財産と同じように、借地権も相続人に引き継がれます。特別な手続きは必要ないので、相続人が地主に引き継いだ旨を伝えればいいでしょう。このように更新や再契約などを必要としないことは一見便利なようにも見えますが、トラブルの種になることもあります。被相続人が亡くなったなら土地を返してほしいと要求されたり、一方的に地代を変更されるなど、地主との間にトラブルが発生することも珍しくはありません。借地権に関する問題は、弁護士に相談するとスムーズに解決できるでしょう。地主からの不当な要求に応じる必要はありませんが、問題が大きくなる前にきちんと相談して解決しておくことが大切です。特に遠縁の親戚などから借地権を相続する遺贈の場合には、地主へ許可をもらい承諾料を支払わなければならないなど、条件によって法律も異なります。承諾料についてのトラブルやまた承諾を得られなかった場合なども、相続に詳しい専門機関に相談すると良いでしょう。トラブルは起こる前に防ぐことが肝心です。借地権は普段馴染みのないものなので、相続が決定した時点で、一度弁護士に相談しておきましょう。

トラブル回避に第三者

法律書

借地に関する問題は、様々なものがあります。自分が土地を借りて、家を建てて住んでいる場合は、あまり大きな問題になることはないでしょう。しかし、土地の持ち主や家屋の所有者が亡くなった場合など、相続が絡むことによってトラブルが起きる可能性があります。人の土地を借りて家を建てる場合には、借地権というものが存在します。この場合は賃借権と呼ばれるものが発生しており、年数によっては権利が消滅する場合もあります。また、借地権は旧法と新法があり、契約時期によっても適用される法律が異なっています。遺産相続において、建物の所有者と土地の権利者の意見が対立することも少なくありません。いざというときに家族間で資産配分のもめ事にならないためにも、予め借地については相談しておくことが望ましいと言えます。それではどういったところに相談すればいいのでしょうか。身近なところですと、不動産会社で無料相談を行っているところも多いです。不動産会社は、相続した土地などを活用することを目的として、こういった借地権相談を取り扱っています。相続した後ではなく、いずれ相続する可能性がある土地・建物についての相談も受け付けているので、一度訪れてみるといいでしょう。また借地権に強い弁護士が相談を受け付けているところもあります。自治体が月ごとに主催している場合もあり、安心して利用できます。借地に関する相談は、建物を所有する側と土地を所有する側では意見が全く異なる場合も多いです。当事者同士の話し合いが上手く進まないことも多いので、第三者に間に入ってもらうことが問題解決がスムーズにいくことにもつながります。