Rubbing down

交通事故の後遺症して有名なむち打ち【後遺障害の段階を要確認】

慰謝料に逸失利益を請求

逸失利益が請求できない

ミニチュア

交通事故の後遺症として、長い間むちうち症による頭痛やしびれなどが続く方がいます。むちうちの症状が続き、治療をしても改善が見られない場合は、神経症状を残すものとして、いずれかの等級に認定されます。このようにして、交通事故の後遺症害が認められると、治療は打ち切られますが、治療期間中の休業損害や慰謝料とは別に、交通事故によって労働能力の一部を失ったことによる逸失利益と慰謝料が損害として認められます。逸失利益は、身体に障害が残った結果、労働能力が減少し、将来にわたって収入が減ると思われる損害を言います。したがって、現実に後遺障害があったとしても収入が減っていない場合は逸失利益はないということになります。慰謝料しか請求できない場合があります。逸失利益の算定方法ですが、これは労働能力の喪失の割合、その継続期間が問題とされます。交通事故のむちうちによって労働力がどの程度失われたかの決定には、労働能力喪失率表を参考にされますが、決して機械的に適用されるわけではなく、障害の部位や程度、被害者の年齢、職業、現在の稼働状況などを総合して最終的に裁判所が決定します。おおむね喪失率の数値よりも低めのところで認定されることが多いようです。労働能力をどれだけの期間失ったかを算定する継続期間は、手足を切断したような場合は労働能力の状態が一生続くと考えられますが、むちうちなどの機能的障害のケースでは、徐々に機能が回復する可能性もあるので、喪失期間を限定的に定める場合が多いようです。

売却のメリットと業者利用

模型

マイホーム購入の際に、住宅ローンを利用する人が多く見られます。リストラやボーナスの減少などによって支払いが困難になってしまった場合、競売や任意売却が必要になるケースが少なくありません。任意売却をすることで、市場価格に近い金額で売却することができるためおすすめです。高く売ることが目的ではない競売だと市場価格よりも安く販売されてしまいがちですが、任意売却であれば相場に近い価格で取引をすることができます。福岡は、利便性に優れた地域とそうでないエリアでの土地や物件の相場が異なりますが、競売よりも任意売却のほうがメリットが大きいのが特徴です。物件がある土地の相場を事前にリサーチしておくと、取引の際にも適正な価格で手続きしやすくなります。任意売却を行ってくれる業者には、不動産会社の他に弁護士事務所や任意売却専門業者があります。それぞれにメリットとデメリットがありますが、自身の状況に合わせて利用することがポイントです。福岡には、任意売却をサポートしてくれる業者がたくさんあります。住宅ローン以外の債務整理も依頼したい場合は、弁護士事務所の利用がおすすめです。専門業者であれば、保証人に対するリスクの回避や売却後のアフターフォローも期待できます。福岡県内で業者を利用するのであれば、メリットとリスクの両方を比較しながら選びましょう。福岡県内における実績が豊富であるかどうかも事前に確認しておくと安心です。

借主とのトラブルの対処法

積み木

「借地」の借主が地代を滞納している、地代の値上げに応じない、などといった借主との間に不動産トラブルが生じた場合は、必ず「弁護士」へ相談を行いましょう。なかでも、地代の滞納や借地の「また貸し」、住居で貸した借地を事務所として使用している場合でしたら、立退料は「一切不要」で立ち退いてもらうことが可能です。そして借主を迅速に立退かせたい、または全く借主が話し合いや相談に応じない場合は「裁判」を行う必要が出てきます。勝訴すれば借地の明け渡しを、法的に「強制執行」することが可能です。個人でトラブルを解決しようとすると、借主に本来不要であるはずの「立退料」を請求されたり、また交渉が長引き、その間の地代も滞納され、損益が拡大してしまうケースも少なくありません。トラブルの早期解決、そして裁判に至るケースも考慮して、借地で生じたトラブルの相談は、早期に弁護士に行うことをお薦めします。そして貸地でのトラブルを起こさない為に最も重要なのが、不備・矛盾のない「契約書」の作成とされています。不動産の知識をもたない素人が作ったものや、既存の契約書の引用・寄せ集めで作ったものは、どうしても不備・矛盾が多いとされています。契約書に不備があるとトラブルが生じやすい上に、トラブル発生時に有利な決着が望めなくなってしまいます。契約書を作成し直したい、現在の契約書に不備がないか確認してもらいたい場合も、弁護士に相談を行いましょう。