Rubbing down

交通事故の後遺症して有名なむち打ち【後遺障害の段階を要確認】

プロへの相談が近道

専門家が在籍しているか

天秤

土地の所有に関する権利の中に、借地権というものがあります。これは、簡単に言うと、他者の所有する土地を借り、そこに建物を建てる法的権利のことです。大まかに分けて、旧借地権、普通借地権、定期借地権の三つがあります。相続や売却など、借地に関わることで相談をしたいと思ったら、まずは自分の有する権利が三つのうちどれであるのかを確認することです。それによって、取るべき対応も変わってくるからです。自分の持つ権利と、自分がどうしたいのかをはっきりさせたら、次は相談する相手の選択です。借地も不動産の一部ですので、不動産会社か、もしくは弁護士に相談するのが一般的です。大まかには、売却を検討しているなら不動産会社、相続や権利の交渉など法的なことが主なら弁護士、という選択が良いでしょう。ここで注意したいのが、どちらを選ぶにせよ、借地権に対する専門知識と実績を持っている相手を選ぶということです。不動産会社にも弁護士にも、得意分野や専門分野が存在します。特に不動産会社の場合、借地の専門知識が必ずしもあるとは限りません。今はインターネットなどで調べれば実績や専門分野に関して公表しているところもありますので、相談前に調べて、借地問題に強い不動産会社を選ぶと確実です。借地は、自分だけでなく、土地の権利主も絡む問題です。自己所有の土地に比べて、関わる人間が多い分、問題が複雑化しがちです。何かあった場合には、こじれる前に専門家に相談し、事態の解決を図るのが賢明です。

弁護士や不動産業者に相談

天秤

借地は権利関係が難しい為、相談する先は一般の不動産会社ではなく借地専門に営業を行っている専門業者が良いでしょう。専門業者には不動産鑑定士だけではなく法律に詳しい弁護士も在籍している為、最適な方法で借地問題を解決できます。また事務所に在籍していない場合でも税理士や土地家屋調査士、司法書士や不動産会社と提携して問題の解決にあたる専門業者もいます。それだけの専門家が揃わないと、借地問題をスムーズに解決できないこともあるのです。借地に関するトラブルが起こりやすいのは権利関係が難しいだけではなく、地主と借りている人間との間で感情的なもつれがおきやすいからでもあります。その為依頼する専門業者はよく相手の話を聞いて、双方にとってもっとも良い解決方法を提示できる交渉力のあるところが向いています。良い業者を選ぶ為にはまず相談してみることが大切です。話をよく聞いてもらえるかや、どんな専門家が問題に対応してくれるのか、今までどういった問題を解決してきたかなどを確かめておく必要があります。また料金体系がわかりやすく、事前にどのくらいの費用がかかるのかを教えてくれるところが良いでしょう。相談だけなら無料で何度もできる専門業者もあります。相談しただけですぐに契約を迫る業者もいますが、そういったところは避けた方が賢明です。納得がいくまで説明してくれ資料も作成して渡してくれる業者も多数あるので、そのようなところを選びましょう。

任意売却の強い味方

積み木

福岡に住んでいる人で住宅ローンの支払いが困難になった場合、地元の弁護士事務所か不動産業者に相談するのが一番です。住宅ローンを滞納すると債権者の銀行などが住宅を差し押さえて、裁判所を通して競売にかけられてしまいます。それを防ぐためには、銀行から催告書などが送られてくる前に弁護士事務所に相談して任意売却することです。任意売却というのは通常の不動産売買と同じで、不動産屋を通じて家を売却します。競売の場合は相場の3割ぐらい安く売却されてしまいますが、任意売却なら相場の値段で売ることができます。もし福岡に知り合いの弁護士事務所がない場合は、任意売却を扱っている不動産業者に相談することもできます。このような業者は任意売却物件を多く扱っているので、スムーズに手続きを進めてくれます。不動産業者と提携している弁護士事務所もありますから、弁護士の知り合いがいなくても安心して依頼できます。福岡の不動産業者を選ぶのは、地元の地価や不動産売却情報に精通しているからです。もしも福岡以外の弁護士事務所や不動産業者に依頼すると、任意売却する時の売出価格が安くなる恐れがあるのです。任意売却を進めるのはなるべく早い段階の方が有利です。ただし競売にかけられる前なら、任意売却の手続きをすることができます。任意売却をする時は債権者の銀行と話し合うことになりますが、個人で相談するよりも弁護士に交渉してもらった方がスムーズに事が進みます。